ビジネス年賀状の一言添え書きお客様へのメッセージ文例集


ビジネス年賀状は、印刷された定型文だけではお客様の目になかなか留まりません。

お客様との付き合いの程度によりますが、手書きで一言メッセージを添えると親近感を与え、営業をする上でもとても効果的です。

事務的で形式的な年賀状にならず、印象に残る一枚にするためにおすすめの文例をご紹介します。

スポンサーリンク

お客様へのビジネス年賀状に添える一言文例集

顧客へ送る年賀状は、新年の挨拶だけではなく、日頃の愛顧に対する感謝の言葉や新年の抱負、年始の営業のお知らせなどを手書きで添えると宣伝効果も期待できます。

ただ年賀状はあくまでも新年の挨拶ですので、広告ばかりにならないように注意が必要です。

また「○○様」と顧客の名前を入れると、相手との距離が縮まり、好印象を与えます。

取引上の出来事に対する感謝の言葉

年賀状は日頃の感謝を伝える良い機会です。

名前や具体的な事例を挙げて述べると、相手の印象に残りやすくなり感謝の気持ちがより伝わります。

「○○様とご縁をいただきましたことに感謝申し上げます。本年も何卒よろしくお願い申し上げます。」

「先日は貴重なお時間を割いていただきありがとうございました。○○様のお話、大変勉強になりました。本年も昨年同様、変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。」

「○○の件では大変お世話になりました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。」

「昨年は新商品の開発にあたり、○○様の貴重なご意見をいただきありがとうございました。おかげさまで売り上げも好調に推移しております。本年も変わらぬお引き立てをよろしくお願いいたします。」

担当者としての抱負

「本年は飛躍の年にすべく邁進してまいりますので、変わらぬお引き立てをお願いいたします。」

「本年も○○様のお役に立てるよう、鋭意努力いたしますので、何卒よろしくお願い申し上げます。」

「まだまだ未熟物で至らぬところも多々ございますが、本年は一層の努力をもって、平素のご厚情にお応えしてまいりたいと存じます。」

「今年も○○様のお役に立てるよう 一層の努力をもってご厚情にお応えしてまいります」

「本年も○○様のお力になれるよう精進いたします。」


スポンサーリンク

一般的な添え書き文例

特に年賀状に書き添えたい言葉がない場合は、以下のような一般的な文例を使うと良いでしょう。

印刷済みの定型文と同じ意味の言葉や文章を使わないよう、注意が必要です。

顧客とその家族の健康を願う言葉を添えても良いですね。

「正月は3日から営業いたしておりますので、○○様のご来店お待ちいたしております。」

「新年は5日より新春セールを開催いたします。従業員一同、○○様のご来店をお待ちしております。」

「○○様のご来店をスタッフ一同心待ちにしております。」

「その後○○の調子はいかがでしょうか。不備な点がございましたら、私に直接ご連絡ください。至急対処いたします。」

「お買い上げいただきました○○の調子はいかがでしょうか。不都合な点がございましたらご遠慮なくお申し付けください。」

「旧年中は格別なお引き立てを賜り、ありがとうございました。○○様をはじめご家族皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。」

「○○様とご家族の皆様にとって佳き一年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。」

「寒さ厳しき折、くれぐれもご自愛ください。」

ビジネス年賀状お客様へ送るときのマナーは?

ビジネス年賀状は一種の儀礼的なものであるため、慣用句を使い形式的に書くのが一般的です。

年初めのご挨拶で失礼に当たらないよう、以下の点に気をつけましょう。

1.元旦に着くように早めに出す

2.賀詞の選び方に注意する

3.賀詞の重複は避ける

4.ボールペンより万年筆や筆ペンを使用する

5.家族の写真入り年賀状は送る相手を選ぶ

元旦に到着するには12月25日までに投函しておかなければいけません。

たくさんの枚数を書くため、遅くとも12月中旬には取り組みたいですね。

また気になる賀詞については次の項でご紹介します。

ビジネス年賀状の文例

企業や会社、商店などからお客様へ年賀状を出す場合は、使用する賀詞に注意しなければいけません。

賀詞とは、年賀状の文頭に書く新年のお祝いの言葉を指します。

お客様は目上の方であり、そのような相手に「寿」「賀正」「迎春」などの一文字、二文字の賀詞は使うのを避けましょう。

このような賀詞は簡略化した表現であり、丁寧さや敬意が欠けているとされるため目上の方に対しては使用しません。

「Happy New Year」など英語の賀詞も、ビジネス年賀状では避けましょう。

一般的なビジネス年賀状の文章は以下のようなものです。

謹賀新年

旧年中は格別のご愛顧を賜り厚くお礼申し上げます

本年も何卒よろしくお願い申し上げます

                  平成○○年 元旦

恭賀新年

皆様におかれましては、お健やかに新春をお迎えのことと存じます

旧年中は格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます

本年も倍旧のご贔屓の程よろしくお願いいたします

                      平成○○年 元旦

お客様宛ての年賀状で避けるべき内容は?

気心の知れた友人知人と違い、お客様とはオフィシャルな関係です。

年賀状で自分の近況報告やプライベートの詳しい話題を書くのは避けるべきでしょう。

共通の趣味など(ゴルフ、映画など)お客様との会話の中で出た話題を書くと、好印象を与えることができます。

さいごに・関連記事

顧客へ出す年賀状に添える一言をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

虚礼廃止という声も聞かれるこの頃ですが、ビジネスの上では年賀状などの四季折々の挨拶状は宣伝という面からみても大切な要素です。

大切なお客様に対し、心のこもった言葉、気の利いた一言を自筆で添えれば、相手を大切にしているという姿勢が伝わるのではないでしょうか。

大量に年賀状を出す場合でも、ほんの一筆で今後のビジネスが円滑に進む場合もあります。

さらにお年玉はがきを使用すれば、くじの当選確認の際にもう一度見直してもらえることもありますよ。

ぜひ今回ご紹介した文例をアレンジしてお使いくださいね。

【年賀状の関連記事】

年賀状に関しては以下のような記事でもまとめています。
ぜひご参考にしてください。

ビジネス年賀状の一言文例で取引先や顧客へのメッセージはコレ!

年賀状ご無沙汰している友人、親戚、上司、目上の方へ一言文例集

最後までお読みいただきありがとうございます(*^^*)

スポンサーリンク
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]