ガラスのコップは電子レンジで使える?マグカップがないときは?

スポンサーリンク
生活

時代の変化と共に、暮らしもどんどん豊かになっていきますよね!
便利グッズも増えてきましたし、気づけば身の回りにあふれている気がします。

食べ物も、電子レンジで温めればすぐに食べられる!
と言うようなものが増えたので
電子レンジ対応OKの素材もとても増えていると思います。

しかしながら、だからこそ悩ましいのが
自宅にあるものはどれが電子レンジ対応なの?
という問題です!

普段気にせず電子レンジで使用していたものは
実は電子レンジ対応ではなかったかもしれません…

少しでも迷いがある方は、是非この記事で再確認してみてください!

スポンサーリンク

ガラスのコップは電子レンジで使える?マグカップがないときはどうする?

結論からお伝えをすると、ただのガラスのコップは
電子レンジでは使用できません!

無理矢理使用すると、ガラスが溶けてしまったり
それが原因で爆発する恐れもあります。

電子レンジで使用できるガラスは、耐熱ガラスのみです。

最近は、電子レンジ対応のガラス容器なども売られていますが
これも素材は耐熱ガラスなのです!

そのため自宅にある普通のガラスのコップは
電子レンジでは使用しないようにしましょう。

マグカップなど、陶器や磁器の素材であれば
電子レンジでの使用はOKなのですが
飾りに金属が使われているようなものは危険なので避けてくださいね!

これも、火花が飛んだり火災の恐れがあるため危険です。

そして、耐熱素材で電子レンジ使用OKのものでも
破損しているようなものは念のため、使用を控えたほうがよさそうです。

飲み物を電子レンジで温めたいけどマグカップがない!
という場合、耐熱ガラスを使用したガラスカップや
陶器や磁器でできているカップを使うようにしてくださいね。

プラスチック製や漆器は電子レンジで温めても大丈夫?

コンビニなどでも、プラ容器のまま温めたりしていますし
プラスチック製のものなら電子レンジもOKでしょ!
と思っている方も多いかもしれません。

スポンサーリンク

もちろん、少し温めるぐらいなら支障はないかもしれません。

しかしながら、何度も使用をすると熱に耐えられず
どんどん変形していってしまうので注意が必要です。

電子レンジOKの保存容器でも、プラスチックの素材は多いですよね。

このような場合は、耐熱のプラスチックでできています。
そのため電子レンジで使用してもOKということですね。

我が家でも、耐熱プラスチックの保存容器はたくさん使用していますが
長く使用したり、温めすぎてしまうと
耐熱であっても変形してしまうなと感じています。

蓋などが変形してしまうとせっかくの保存容器でも
密閉性がなくなってしまいますよね。

そのため、永久的に使用できる…というよりは
ある程度使用して変形してしまったら買い替える!
という方が良いのかもしれません。

基本的にプラスチックは熱に弱いので
電子レンジはもちろん、熱湯を注いだりするのも
気を付けなければなりません。

私自身も、プラスチック容器に誤って熱湯を入れてしまい
驚くほど変形してしまったという経験があります。

事故を防ぐためにも気を付けたいところですね!

そして最近では、電子レンジ対応のお椀は増えていますが…

漆器のお椀などは、電子レンジは対応不可です!
もし今まで電子レンジで使用していた…
という方は、使用しないようにしてくださいね。

漆器のお椀に入れたまま電子レンジで温めると
塗が剥げてしまったり、劣化することもあります。

漆器は、食洗器不可のものも多く
とても繊細なものなので、丁寧に扱いたいですね。

まとめ

ガラスやプラスチック、漆器などは
電子レンジ不可ということが分かりましたね!

ちょっとなら大丈夫だろう…と思って使用してしまうと
思わぬ事故にもつながりかねませんので、注意が必要です!

スポンサーリンク
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]

コメント

タイトルとURLをコピーしました