ワキガのにおいの特徴や種類は?汗臭さとの違いはコレ!


暖かくなってくると汗をかく機会も増え、自分の体臭が気になりますよね。

特に脇は身体の中でも汗をかきやすいですし、ニオイも出やすい部分です。

私ってワキガかもしれない・・と不安に思っている方も多いのではないでしょうか。

でもなかなか人に聞けないし、聞いても気を遣って本当のことは答えにくいもの。

そこで今日は、ワキガの臭いと特徴や種類、汗臭さとの違いなど自分でわかるチェックポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

ワキガの臭いってどんなニオイ?特徴や種類は?

ワキガは腋臭症(えきしゅうしょう)といい、皮膚に分布するアポクリン腺という汗腺から汗が過剰に分泌され、それが雑菌などによって分解されることが原因で起こります。

本来アポクリン腺は誰にでもあり、汗を分泌します。

しかし腋臭症の体質の人は、アポクリン腺から強く独特なニオイのある汗が分泌されるのが特徴です。

腋臭症(ワキガ)の臭いは人によってさまざまなので、その特徴や種類をご説明します。

ワキガのニオイの特徴や種類とは?

ワキガの症状として特徴的なのがワキの臭い。

ワキの下から、ツンと鼻につくような不快感をもたらす独特の臭いがします。

ワキガ体質の人であっても、発する臭いの強弱には個人差があります。

軽度のワキガ症状なら隣に立っていても臭いにまったく気づかないこともありますが、重度の症状を持つ場合は離れた場所にいてもその人の臭いが判別できることもあります。

ワキガの症状で出る臭いは、以下のような種類のものが例として挙げられます。

・鉛筆の芯の臭い(鉛臭)
・刻んだねぎ、スライスした玉ねぎの臭い
・劣化した洗濯ばさみの臭い
・香辛料の臭い
・生ごみ、腐敗臭

どれも鼻につくような刺激のある臭いだとイメージできると思います。

ただしワキガの臭いは目に見えるものではなく、感じ方も人それぞれ。

特にワキの下は汗をかきやすいので汗臭、汗臭さと臭いを混同している人も多いようです。

そこで次はワキガと汗臭さの臭いの違いを解説します^^

ワキガと汗臭いニオイの違いは?

ワキガと汗臭さはどちらも汗が深く関わっていますが、発する場所が異なります。

汗臭いにおいとしては、以下のような種類のものが例として挙げられます。

・酸っぱい臭い
・生乾きの洗濯物の臭い
・使い古しの雑巾の臭い

多量の汗をかき、そのまま放置した状態だとお酢のすえたような臭いがでてきます。

こうしてワキガと汗臭いにおいを比べてみると、2つのにおいの特徴の違いとしては、

ワキガの臭いは刺激的な鼻にツンとくる臭いであり、汗臭いというのはモワッと広がるような酸っぱさを伴う臭いであるといえるのではないでしょうか。

そしてワキガは体質であるため、夏場などの汗をかきやすいだ時期だけでなく一年中を通して臭いが出やすいというのも特徴といえるでしょう。

臭いは感覚的なものあであり、個人差も大きく影響します。

スポンサーリンク

ワキガのニオイが自分ではわからないのはなぜ?

ワキガ体質であっても、ほとんど臭いがでなければ自分でもワキガだと気付くのは難しいでしょう。

ただし、重度のワキガ体質で人から臭いを指摘されるような度合いであっても自分では臭いに気付くのが難しい場合もあります。

これは嗅覚疲労(順応)といい、長い間臭いを発していると嗅覚が順応し、その臭いを意識できなくなる、または麻痺してしまうというケースがあります。

この嗅覚疲労は本人だけではなく身近にいる家族も起こることがありますので、臭いに慣れてしまって家族でもワキガであることに気が付かないということがあるようです。

ワキガのニオイを消すにはどうすればいいの?

自分でワキの臭いが気になり、ワキガかと思うと周りにも迷惑をかけていないか心配になりますよね。

年齢が若いうちからワキガになると、中年期になって加齢臭に変わることもあります。

ただし、ワキガ体質であっても、すぐに手術に結びつける必要はありません。

ワキガの臭いを消すには、まずワキの下を清潔に保つことが重要です。

腋毛(ワキ毛)があると雑菌が増えて臭いが出やすいので、こまめに処理しましょう。

そして汗をかいたときはタオルや濡れティッシュなどで拭き取り、デオドラント剤を使用しましょう。

最近は朝塗るだけで夜まで効果が持続するクリームタイプのものもあります。

こんなおしゃれなボトルなら、ワキガ対策デオドラント剤には見えませんね^^

クリアネオ

さいごに

ワキガの臭いの特徴や種類、汗臭さとの違い、そして臭いの消し方をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

自分の臭いは自分では気づきにくいものですよね。

もしワキガ体質であっても、しっかりとケアすれば臭いを気にせず一日快適に過ごすことができます。

ストレスを溜めないよう健康的な生活を心がけ、すっきり過ごしたいですね^^

スポンサーリンク
このエントリーを Google ブックマーク に追加
LINEで送る
[`evernote` not found]